<< その後のブリュッセル | main |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

幼稚なイデオロギー

自分が申すのもおこがましいのですが、最近、連日のように当地ヨーロッパや日本、世界各地で起こる殺傷事件の多くが、つまるところ、「幼稚なイデオロギー」に基づいていることが多いなあと思います。

 

言葉を変えると、マンガ的イデオロギー、短絡的イデオロギー。

 

つまり、その中身が、一言で表現できるほど単純で、子供でも理解できる。しかも、打倒すべきターゲットが、非イスラム教徒、障害者、ユダヤ人、○○人、・・・などはっきりしている。

 

個人の内側でくすぶっているごく私的な暴力性は、多かれ少なかれ誰にでもあるものだろう。でも、それがいったん幼稚ではあっても「大義」の器におさまると、突然活路を見出し、個人を超えた爆発的な力を発揮する。

 

***

 

大変古い話で恐縮ですが、連合赤軍の「山岳ベース事件」が子供のころから心に引っかかっていて、どうしてあんなことが・・・と長い間考えていたことがあった。これは、事件の主犯たちの「異常人格」に帰せられる特殊な事件で、それ以外の何物でもないということだろうか?

 

その後、「人格」ということに色々思いを巡らせている内に、固定的な人格となどと言うものは(ある程度本人が社会的に意識して固定させるものを除いては)、存在しないのではないかと思うようになった。つまり、自分もまた、ある特殊な条件がそろえば森恒夫であり永田洋子でありえたのではないかと。

 

ちょうどあの事件の起こった頃、自分のいた中学の理科の授業ではガスバーナーを使った炎色反応の実験をやっていて、バーナーから吹き出す炎に色々な金属片を近づけ、炎が様々な色に変化する様子を観察していた。例えば、銅の金属片は青、ホウ素は緑、ストロンチウムは鮮紅色というように。

 

炎は「モノ」ではない。というと語弊があるかもしれないが、「鮮紅色の炎」という固定したモノがあるのではなく、それは、バーナーから噴出するガスに着火してそれにストロンチウムが当たることにより生ずる「コト」なのだ。空気の流れやガスの強度、金属片の性質・・・と言った様々な「縁」によりそこに一時的に現出し、絶えず変化する「コト」。

 

いわゆる「人格」も、この炎と同じように「モノ」ではなく「コト」なのではないかと考えるようになったのは、でもそれよりずっと後のこと(仏教の本を読みかじるようになってから)だ。

 

**

 

それよりさらに後になってから、当時主犯が心や体の内に抱えていたもやもやどろどろとしていたものを、あのような形を取って爆発させたのは、やはり彼らにイデオロギーと言う名の器があったからだと思うようになった。

 

イスラム急進派のソロ・テロリズムの頻発で特にイデオロギーについて考えることが多くなったのですが、ちょうど夏休みを利用して読んでいた本に、イデオロギーに関するしっくりしたコメントを見つけたので引用してみます。

 

「(イデオロギーにおいて)『これが正しい』ということは、『これ以外は誤り』ということになりがちであり、そこにきわめて明白な主張が可能となり、多くの人を惹きつけることになる。イデオロギーは善悪、正邪を判断する明確な基準を与える。(…)しかし考えてみると、人間存在、あるいは世界という存在は、もともと矛盾に満ちたものではなかろうか。もっとも、矛盾などと言っているのは人間の浅はかな判断によるものであり、存在そのものは善悪とか正邪をこえているのではなかろうか。」(河合隼雄「明恵 夢を生きる」p. 101)

 

次に、著者は、「イデオロギー」に対比して「コスモロジー」ということを言う。

 

「コスモロジーは、その中にできる限りすべてのものを包含しようとする。イデオロギーは、むしろ切り捨てることに力をもっている。イデオロギーによって判断された悪や邪を排除することによって、そこに完全な世界を作ろうとする。この際、イデオロギーの担い手としての自分自身は、あくまでも正しい存在となってくる。しかし、自分という存在を深く知ろうとする限り、そこには生に対する死、善に対する悪、のような受け入れがたい半面が存在していることを認めざるを得ない。そのような自分自身も入れ込んで世界をどう見るのか、世界の中に自分自身を、多くの矛盾とともにどう位置付けるのか、これがコスモロジーの形成である。」(同上)

 

ひゃは、引用ばかりになってしまいました。河合隼雄先生、もっと長く生きていただいて、もっといろいろなことを教えていただきたかった。

スポンサーサイト

| - | 22:14 | - | - |

Comment

イデオロギーとコスモロジー、面白い対比ですね。
その話はすっかり忘れてましたが、「明恵 夢を生きる」好きな本です。ある意味カスタネダと比べたくなるような、変性意識本だと思います。

| とし兵衛 | 2016/10/10 10:32 PM |

とし兵衛さま、

せっかくコメントをいただいていたのに、ご返信が遅れてごめんなさい。「明恵 夢を生きる」読まれたのですね。はい、カスタネダとも通じるところがありますね。

最近、宮澤賢治の「春と修羅」を久しぶりに読みました。その冒頭に、

「わたくしといふ現象は
仮定された有機交流電燈の
ひとつの青い照明です
(あらゆる透明な幽霊の複合体)
風景やみんなといつしよに
せはしくせはしく明滅しながら
いかにもたしかにともりつづける
因果交流電燈の
ひとつの青い照明です
(ひかりはたもち その電燈は失はれ)」

こう書いてあるではないですか。これは自分が、この記事でガスバーナーの拙い喩えを使いながら言おうとしていたことをもっと美しく言ってくれているのに、これまでこの冒頭部分に全然注目していませんでした。

| まりあ | 2016/12/08 3:28 AM |

Submit Comment









Trackback URL

http://terub.jugem.jp/trackback/234

Trackback