<< 気功で指先から煙が出てしまいました。 | main | 「セルビアの皇太子」(1)  トレンチ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

魔の十字架

みなさん、人生の節目はほぼ10年ごとに来ると思われた方はいませんか?
 
自分の場合、次のような大きな節目がありました。
 [梢討慮気鯲イ譴董東京にやってきた歳
◆‘本を離れて、ヨーロッパに住み始めた歳
 今の会社に入社した歳
そして、私の場合、この´↓の節目が、きっかり10年ごとにやってきたのです。

そんなわけで、から10年ほどたった時、
「うわー、そろそろい来るぞ、い来るぞ…」
と思っていたら、なんと、癌になってしまいました。

癌になった歳に、このブログを始め、禁欲と精進と呼吸と瞑想の日々が始まりました(笑)。

ともあれ、このような周期があるのはなぜだろうと考え、四柱推命や気学などを探し回っている内に、西洋占星術の説明が自分の周期にぴったりと符合していることに気付き驚愕しました。

しかも、自分の,鉢以降の時期は占星術でいう「転落」、0聞澆了期は「障害」と出ており、自分のつらかった時期とぴったり符合しております。ぐ聞漾∨榲に居心地がよくなってきたらと思ったら幸運星と言われる木星が「あるべき場所(居所)」に収まっているという良い時期であることがわかった。ふうん。

上記のようないきさつで、西洋占星術をいつかきちんと勉強したいと思って色々ネットを渉猟していたのですが、なかでもつぼぼさんのページが、いちばん網羅的で充実しており、整理されており、醒めておりプラクティカルであるように思いました。(つぼぼさんはメールで鑑定もうけつけてくれましたので、半年間の鑑定をお願いしました。しばらくはこれを頼りに生きていけそうです。)

***

さて、つぼぼさんからは、4月20日頃は「人間関係で少々トラブルがありませんか。思考が乱れていますね。」というご注意を受けていました。

たしかに、今年になってから忙しいのに加え、先週末から頭の中が混乱しており、昨日は、「タイヤのプレッシャーが落ちてます」というランプがついているのを無視して高速道路をぶっとばしたため、ついに、タイヤがバーストしこんなことになってしまいました。

すいません。アイホンで撮った写真がどうしても横倒しになってしまいます。車が横倒しになっているわけではありません。

場所は、この矢印の場所です。高速の真ん中。


びゅんびゅん脇をトラックが通り過ぎる高速道路の端っこで頓挫した車の中に座ったままレスキューを待つ数時間、クライアントからの電話に答えたり、アイホンでメールを送ったりして、わりと普通に仕事をしていました(笑)。

そうする内に、この1週間ほど、もやもや、いらいらしていた頭の中がすっきりしてしまいました。ちょうど、爆発後の私のタイヤ(下図)のように。


おかげで、今日は久々に仕事がはかどりました。

ところで、この数日は、占星術では天王星・冥王星・火星・木星がスクエアを形成する魔の十字架よばれる時期でした。つくづく、無事で良かった。

JUGEMテーマ:スピリチュアル

スポンサーサイト

| - | 05:41 | - | - |

Comment

まりあさん、こんにちは。
いつもとても楽しみにしています。
更新してくれて、とてもうれしいです。

10年ごとの節目。。わかるような気がします。
わたしも、10年ごとに私の場合は信じられないような(その後の人生を大きく左右するような)よいことが起こります。

。隠杭个了に(浪人したので)日本で一番難しい(と言われる)私立大学に合格しました。高校時代ほとんど引きこもっていて、ろくに勉強してなかったのに、第二志望から、第八志望まで全敗したのに、第一志望一校だけ合格しました。

■横杭个了にお見合いで結婚しました。
お見合いですので交際期間も短かったのですが、
いろいろな意味でしんどかった実家の環境から、
精神的にも経済的にも安定した主人と家庭を持つことで、
トラブル続きだった、私の毎日がとても穏やかなものになりました。

39歳の時に、信じられないような大金を、狐につままれたような流れで、手にしてしまいました。(宝くじに当たるとか、遺産をもらうとか、そういうことではないのです)


,鉢△蓮∋笋龍い意志とエネルギーがありましたので、
「念ずれば通ず」というかまさに「引き寄せの法則」を地で行くようなやり方で叶えたような気もするのですが、
に関して言えば、「Power of flow」というか、あれよあれよという間にという感じなのです。

因みに普段の生活は、きわめて地味な専業主婦です。

感謝のワークとオポノポノがとても効いているような気もするのですが、よくわかりません。占星術のチャートを書くと、説明がつくのでしょうか。

まりあさんの書かれる記事は、私もいつもinspireしてくれます。私の書いた内容で、お気を悪くされたらごめんなさい。
ちょうど最近、10年の周期ってなんだろう。。と考えていたので、思わずコメントを入れてしまいました。

今日も明日も、ずっとずっと、まりあさんのたくさんの善きことがありますように。

どうかお体ご自愛くださいませ。





| るる | 2014/04/26 4:03 AM |

るるさん、

素晴らしいコメントをいただきありがとう! 
そうですか〜、るるさんも´↓・・・と10年ごとに節目があったのですね。しかもそれが全部、善いこと、どころかスゴイこと。いるのですね、実際にこう言う方が。

自分の周りには、るるさんのような超自然な意思のパワーやフローに乗ったという人が全くいないので(どちらかと言えば、超自然に運の悪い人ばかり)こういうお便りをいただくと、ブログをやっていて本当によかったと思います。

私の場合、´↓い倭漢柿韻ないことなんですが(と言うか、そのせいでずいぶん苦労の多い人生になってしまったのですが)「でも今の自分があるのは全部´↓い里かげ」と思うと自分にとっては、全部「善きこと」と言えるのかもしれません。

それにしても、19歳という若さで超難関志望校に受かる意志とパワーを発揮できたというるるさんのホロスコープに興味がありますねえ。インターネットで無料で簡単に作れますので、是非、ご自分のホロスコープを作ってみてくださいな。これで、自分が生まれた日時に、惑星同士がどういう角度を作っていたかが分かるので、つぼぼさんのサイトを参考にその角度の意味を調べてみてください。きっと非凡なホロスコープを形成しているのではないでしょうか。

特に、生まれた時の海王星と冥王星が吉角(60度か120度)をなしていればスピリチュアル相というか、霊能力があるそうですヨ。またお便りをいただけるのを楽しみにしております。

まりあ

| まりあ | 2014/04/26 7:08 AM |

るるさん、

申し忘れましたが、るるさんのの「Power of flow」の体験のいきさつを、おさしつかえない範囲でもう少し詳しく、教えていただけませんか?

このブログの読者の皆様にも、大変Inspiringなものとなることと思います。お時間のある時にぜひお願いします。

まりあ

| まりあ | 2014/04/26 8:53 PM |

10年ごとの節目というのは特別に年齢が20代から30代にそして
40代にという事ではないですよね?う〜ん、私の場合はそんなにきっちりとはしてないなぁ。こじつけて言えば40歳で子供を産んで、ほぼ10年後に子連れ結婚をしてという誠に大したことない出来事位、実は結婚した日にちを覚えてないのです、うっかり口にするとヒンシュクを買うのであまり言いません、区役所の費用がただなので土曜日だったことはおぼえてます、アドミ上やっぱり籍が入ってた方が娘の将来とかの保証にもなるかなと思ったのが理由だったもので....あ、そう言えばまりあさんとグリちゃんにも来て頂いたんですよね。そのるるさんのpower of flow私も実に興味あります、エネルギーのある時期を逃さないで行動して何かを得るという事かな?などと虫野いいことだけ考えてますけど。

| り | 2014/04/29 7:38 PM |

連続投稿失礼いたします。

私も占星術を一時期習っておりました。
といっても、ヨガ、インド哲学をやっていた関係で、、インド占星術(ジョーティッシュ、Jyotish)の方です。光の科学と言われ非常に正確で緻密な占いです。
(本来はインドで菜食のバラモンのカーストの方が代々職業としてされているとか、、インドもいろいろで、そうでないお金儲けの方もいるみたいですが、、)
生年月日と出生時刻と誕生場所の経度緯度で計算をし、そこから自分のチャートを読み取っていくスタイルです。
出生時刻は5分のズレで人生が変わってしまうので、出生時刻、経度緯度がきっちりわからないとその本人のチャートはわからないそうです。
(わからない人は、結婚した年や、海外に行った年や、おおきな出来事などから逆算してチャートを作り直すとわかるそうです。)

少し学んだだけでも、自分の伴侶、仕事、趣味傾向、海外に行った時期などが正確にわかりまして、少々怖さを感じました。
病気になる時期や他界する時期もわかるそうですが、、、。
ちなみに(私は身体が弱く流産ばかりしており西洋医学の産婦人科の医師には自然出産は無理だと言われていましたが、)妊娠出産はジョーティッシュで見てもらってから、嘘かホンマか一か八かで信用して、言われた時期にタイミングを持ち無事に自然出産しました。

そういうことがあり、インド占星術は良くも悪くも自分の人生を知る地図のようなものだということがわかり、肝心な事だけはジョーディシャを頼るとして、それ以上勉強するのはやめました。そして人生の正確な地図よりも、≪その時どう動くか?≫を観ることができる易経に学びをシフトしました。

易経は漢方医学と鍼灸医学にも通じており、凡人が学んでも怖くないので気にいっております。
孔子も「子曰、加我數年、五十以學、易可以無大過矣。(子曰わく、我に数年を加え、五十にして以て易を学べば、大なる過ち無かるべし。)」
と言っているので、ぼちぼちやっていこうと思っています。
(しかしながら、こちらもかなり詳しく当るので、いったいどういうシステムで当るのか不思議に思っております。さぞかしユングも驚いた事でしょう。)

と自分の事ばかり書いてしまい、すみません。
まりあさんはその後、お身体の調子はどうですか?
海外でいろいろと気苦労もあると思いますが、
どうかご無理をせず、腎の時間に睡眠をたっぷり取って大事になさってくださいね。

| meg | 2014/05/07 10:48 AM |

まりあさんのブログ ひそかに楽しみにしています。

私も、不思議なことが大好きなので。
私は、モンセラットの写真を偶然見て、「どうしても行きたい」と、その後機会を得て、いったことがあります。そのとき、修道院、宿坊に泊まりたいと思ったのですが、連絡がうまくいかず結局は、バルセロニのホテルに泊まったのですが、まりあさんが、「いつかとまりたい」と書かれていたのでびっくりしました。

そして、私も何か期待していったのに、黒いマリアさんには何も語ってもらえず、それよりも、行こうと、思った一日目にはお財布を盗まれ、行かなかったのです。呼ばれてなかったのか?

これからもブログ、楽しみにしています。

| きゅうぴいこ | 2014/07/02 11:17 PM |

まりあさん

まりあさんのブログを読むと、なんだか自分のことと重なるようで、親近感が沸きます。とっても純粋でがんばりやさんですね。

病気や事故は、まりあさんがある重要なことに気がついて変化を起こすことを求めているサインだと感じます。今の生活、仕事の仕方は、まりあさんの魂が求めていることなのかな? 会社に、仕事に、まりあさんの本当の生きる目的があるのかな? 自分をもっともっと甘やかして、いたわってあげてほしい。過去の自分をみているようで、思わずコメントしてしまいました。

| ジンジャー | 2014/07/05 7:28 AM |

りつ子さま、

お便りをいただいていたのに、お返事が遅くなり本当に申し訳ありません。

りつ子さんが、あの素敵な船の上で結婚式を挙げられたのは、アコヤちゃん出産から10年目ぐらいのことだったのですね。大きなバスを連ねて着いた先は船着場。私たちは、イタリア人のとてもSympaな家族と同じテーブルでした。お天気の良い、素敵な午後でしたね。りつ子さんの次の節目は今年のインド旅行でしょうか!? 楽しみです。

まりあ

| まりあ | 2014/08/17 9:04 PM |

megさま、

Jyotishについて教えてくださり、ありがとうございます。初めて知りました。早速無料サイト http://ukweb.telsys.jp/biglobe/jyotish/
を見つけて、生年月日時刻・出生地などを入れてみたところ、「今、太陽はまりあさんのチャート上で第10室を通過
しています」と出てきました。西洋占星術でも、今太陽は自分の10室を通過中と言われているのですが、西洋占星術の室(ハウス)の概念はJyotishを起源としているのでしょうか? それとも、このサイトが西洋占星術も取り入れているのか。。いずれにしても、Jyotishをもっと勉強したいなあと思いました。

占星術にも易にも大変惹かれるのは、ある時、ある星の配置なり、卦が、明らかにこちらに何かのメッセージを伝えたがっているかのようなはっきりとした形を取っているときがある、でも、その形からメッセージをくみ取ることができないと感じるときです。

5-6年前、見よう見まねでコインをふって易をしていた時、何を占っても、続けざまに「水雷屯」という卦が出てしまったことがあって「うーん、これは何か重要なメッセージがあるに違いない」と言うことまでは分かるのですが、そのメッセージが一向に読み解けない、今振り返って過去の出来事と照合してもやはり一向に読み解けないのです。

占星術も易も、ある程度の「こう出たら、こう読め」というヒントは示しているけれど、最終的には占う人の資質や直観に負う所が多いのではないかと思います。

megさんは、易が詳しく当たるんですね。うらやましいなあ。また機会がありましたら、ぜひ、易のお話を聞かせてください。

まりあ

| まりあ | 2014/08/17 9:07 PM |

きゅうぴいこ様、

せっかくお便りをいただいたのに、こんなにもお返事が遅れてしまい、申し訳ありません。

きゅうぴいこ様も、モンセラット修道院まで行かれたのですね。わたしもモンセラット修道院を訪れた時は、探していた音楽のCDは手に入れたとはいえ、黒いマリア様との短い邂逅がちょっと空振りぎみでしたので、体調の良い時に、何とかもう一度行ってみたいと思っています。そしてその時は修道院に一人で泊まって、じっくり過ごしたいと目論んでいるのです。

きゅうぴいこさんもスリの被害に遭われたのですか。。。私もひったくりに遭い、警察署に行くと、お巡りさんが(泥棒から回収されたと思しき)日本人のパスポートを何冊か見せて、「この中にお前のパスポートはあるか」と(笑)。私は幸いパスポートは盗まれていなかったのですが、このパスポートの人たち、日本に帰れただろうかと心配になりました。

それでも、バルセロナは本当に素敵な街ですよね!大好きな街の一つです。

またお便りをお待ちしてます。

まりあ

| まりあ | 2014/08/17 11:27 PM |

ジンジャーさま、

お便り有難うございます。

実は、あの後少し経ってから、今度は、高速道路の真ん中でトラックにぶつかられてしまいました〜。

ジンジャーさんのおっしゃる通り、事故はメッセージを伝えようとしているというお言葉に深く納得しています。ジンジャーさんも、ご自身のブログの「事故と癒し」というエントリーで書いていらっしゃいますね。

この数か月間(正確には今年の1月から7月にかけて)、私の頭の中は(仕事以外の事情で)かなり常軌を逸していました。それで「これはおかしい、私らしくない、星の運行の影響かも?」等と思い、占星術を調べたりするきっかけへとつながって行ったわけなのですが。(笑)

このへんな状況が、タイヤのパンク事故とトラック激突事故のころは極限に達しておりまして、この2つの事故によって見事に終結したのでした。パンク事故で破裂したタイヤを見た時、「やったあ!」と言う爽快感があり、トラックにぶつかられた時には「これでいいのだ!!」という、深い納得感がありました(笑)。お巡りさんや他のドライバーの方には、いい迷惑だとは思いますが。

自分の場合、意識の上でなかなか決断を下せずにぐずぐずしていると、神様が(それとも別の誰かが)、私の代わりにぐわっと無理やりに外界の状況を物理的に動かしてくれるということがありました。その動かし方が、雑と言うか、かなり乱暴なので、事故とか大病とかのショックな形をとることが多かったです。でも、後で考えるとそれをきっかけにすべてがスムーズに流れ出すようになった、例えば、癌で会社を6か月間休んだことをきっかけに、人生がずっと楽しくて居心地のいいものに変化したというようなこともあります。

でも、今回の事故は、本当に自分の心が引き寄せたことと思っています。前段のように何かの心的(それとも神的)な力が外界の問題を解決してくれたのではなく、外界の出来事が象徴的に心の問題を解決してくれたようなのです。この2つの事故の後、状況は何故か急速に収束しまして、以前のように楽しく仕事にも専念できるようになりましたし、最近ようやくブログの記事を書ける心の余裕を取り戻しました。

でも、自分の心の中で正確には何が起こっていたのか、そしてどうやってそれが解決してしまったのかについては、これをきっかけに考えていきたいなあと思っています。

またお便りをお待ちしています。べばちゃん、ずいぶん大きくなりましたね!

まりあ

| まりあ | 2014/08/18 1:41 AM |

ずいぶん月日が経ってからのコメントですみません。

ふと、自分のアスペクト表を見たくて、「つぼぼ」で検索したら、このサイトが出てきていましたので・・・、前に教えてもらっていて、読んではいましたが・・・。

なるほど、私は“人間関係”と書きましたが、これは水星のことです。水星は、交通・通信、コミュニケーション、精密機器を意味しますが、人間関係ではなく、交通だったのですね。これからは、“人間関係、交通関係でトラブルはありませんでしたか?”と書くようにしましょう、と反省。
でも、精密機器=パソコンでトラブル起こったりして。

| つぼぼ | 2015/10/21 12:20 PM |

つぼぼ先生からじきじきのコメントをいただき、恐縮しております。

水星=交通。。。そうでしたか!
予言がばっちり当たりましたね。
(当方、毎日車を長距離運転してますので、水星凶角のときは特に注意します。)

つぼぼ先生のサイトと出会ってよかったのは、最近おこがましくも、ああ、自分は星の力を受けているんだなあということをひしひしと感じられるようになったことでしょうか?

「あ、なんか突然、去年までの禁欲的な気分が抜けて、もっと自分を甘やかしてもいいように思えてきた」とか、
「先月までの疲れがウソみたいに体調がいいな」とか、
「なんだか急に老後の貯金を心配するようになってきた」
・・とか。

自分には数年・数か月単位の気分・体調のうねりがあって、それはどうにも星の運行のせいとしか思えないような感じが、最近ではしています。

そんなうねりを前より敏感に感じられることで大きな何かとつながっているような、恐ろしさと混じった心地よさがありますですね。

日本に戻ったら、つぼぼ先生のホロスコープ講座も行きたいですね。。

| まりあ | 2015/10/22 6:52 AM |

Submit Comment









Trackback URL

http://terub.jugem.jp/trackback/213

Trackback