<< 足の汚れが万病の原因だった | main | 誰かが泣いている >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

悩んでいるときは、とりあえず尊敬する人の形だけでも真似してみました。

昨年も悩みの多い年であった。悩みはもちろん、外側からやってくるのではない。自分が作り出しているのであった。だから悩みの解消も外側からやってくるのではない。自分で解決するしかないのだ。

たとえば、2013年の正月に、
「今年中に、綱渡りをしながらジャグリングをできるようになる」
という目標を立てる。荒唐無稽な目標を立てたのではない。どうすれば、自分が働くサーカス団で生き残っていけるかを冷静に考えた結果、「これしかない」と得られた結論である。ジャグリングには自信がある。綱渡りは、ジャグリング一筋できた自分については全く新しい分野だ。数年前から必死で練習して、どうにかできるようになったのだがまだ心もとない。でも綱渡りの名人がひしめいているこのサーカスで、何かお役にたてる存在になるには、綱渡りだけでも駄目だし、ジャグリングだけでも駄目なのだ。でも、いったいどこから練習を始めたらよいのか見当もつかない。

2013年のはじめぐらいまでは、「どうしよう、どうしよう・・・」とおろおろして、自分でストレスを作り出した結果、大事な綱渡りの練習もおろそかになり、得意であったはずのジャグリングの自信も失うありさまであった。

同僚が、
「いいじゃん。ジャグリングがこんなにうまいんだから。綱渡りも、なんとなくサマになってきたよ」
と言ってくれる。でもそんな言葉は自分にとって何の慰めにもならない。

2013年に学んだことは、どうしたらいいのかわからなくて混乱し、やる気を失いかけたり、安きに逃げたくなっている時、とにかく尊敬している人の形だけでもまねることが、自分を支えてくれ、とりあえずロボットのようにでも自分を正しい方向に向かわせてくれるということだった。

そこで、2013年の春ごろから、具体的には、以下のような努力をしてみた。(これを読まれる読者は、「割とふつーね?」と思われる内容かもしれませんが、私にとっては自分の自堕落な本性にかなりメスを入れる行為であり、これを1年続けるのに、自分の薄弱な意志の力は当てにできないので、かなりな創意工夫が必要でした。)

1)平日は毎朝は5時15分に起床後、ジムで運動し、オフィスに8時前に到着。
2)1)を実現するために、晩はできる限り小食にし、23時以前に就寝。
3)1)を行いながら、短時間でも質の良い眠りを確保し、仕事中の体調をよくするため、平日の晩はお酒を一滴も飲まない。(金曜・土曜の晩だけは、少しだけ飲んでもよい。)
4)オフィスのデスク周りはできる限りペーパーレスにし、つるつるに磨く。

一番大変だったのは、2)と3)かもしれない。亭主のグリが毎晩のように夜更けの酒盛りに誘うので、これを振り切って23時に就寝するのが大変であった。始める前に一番難しいと思っていたのは1)でしたが、2)と3)を厳守したら、自然にできるようになったのが意外であった。

初期仏教の修行僧の睡眠時間は、夜の10時ごろから夜中の2時ごろまでとどこかで読んだ。内臓が一番休むこの時間帯にしっかりした眠りを取れば、あまり長く眠らなくとも元気なのだそうだ。たしかに、睡眠時間は6時間と以前より短くなったが、お酒をやめたせいもあり、ほとんど疲れは感じない。

こうやって1年近く続けて見ましたが、ジャグリングをしながら綱渡りをするという最終目標には、けっきょくミクロ前進でしか近づいていない。でも、ミクロ前進しながら時には不安になったり、自暴自棄になる自分の心を、支えてくれ、整えてくれるのが、どうやらこのような形の上での縛りを自分に課すことなのだった。仏教の戒にも、道徳的な意味ではなくて、そういう実際的な意味があるのではないかと思う。

JUGEMテーマ:夢・目標

スポンサーサイト

| - | 21:09 | - | - |

Comment

まりあ様 大変遅くなりましたが新年あけましておめでとうございます。
年末年始と日本に行っており、20年以上後無沙汰だった日本のお正月を堪能してきました。 私はヨーロッパの正月は殺伐としていて好きになれないので久しぶりに華のある日本の新年はそれはもう嬉しゅうございました。

今回は楽しいというだけでなく実に色々な事を感じ、考える所も多かったのですが、それは私自身も超サボりまくってしまったブログに書くつもりです。

健康法というのは意外に見落としている割合簡単に出来る所にあるのかもしれませんね。自分については、腹八分という事にある日はっと気がつきました。と言うより食欲にまかせて特に夜など食べ過ぎると眠れない、消化不良という事になり良い事がないのに気がつき、自分の許容量の9割位で止めておくと具合がいい、やたらに油こいものや肉を食べ過ぎない、こういう普通の事です。

不思議に日本から帰った今、チョコレートを全く食べたくなくなってしまいました、以前は周期的にやたらに欲していたのですが...なぜか判りません。郷里の家の近くに漢方医学の店があり、そこでクロロフィルの粉末をどっさり買い込んで来ました。そこでのコンサルティングは実に実に興味深かったです。

| り | 2014/01/23 4:42 AM |

りつこさま、

お便り有難うございます。こちらこそ新年のご挨拶が遅れてしまいました。(りつこさんのお便りが、関係のない記事の方に投稿されていたので、こちらの方に勝手に移動させていただきましたよ〜。)

久々に日本のお正月を過ごされたのですね。当方も、最後に日本でお正月を過ごしたのは1986年のことで、今となっては日本のお正月ってどんなだったか思い出せませぬぐらい昔のことです〜。(歳がばれますね?)

クロロフィルですか〜。漢方医学って興味ありますね。律子さんのブログ「ブリュッセル日記」の方に遊びに行きますね。それでは、今年も宜しく!

まりあ

| まりあ | 2014/01/23 4:53 AM |

まりあ様、あれ?未だにシステムを把握してないせいか変なところに入れてしまったのでしょうか。

週末にでも今回の日本旅行の様子とか感じた事を書きたいと思ってますが、クロロフィルに関しては一緒に行った娘のゴッドマザーが30年以上前から毎年風邪を引き気管支炎になると即医者が抗生物質を1週間から今回は20日間も与えられ、肝臓に悪いのでは?(ではでなく完全に悪いです)と郷里の漢方医にコンサルティングに行った所、そんな長い間抗生物質を年に2回前後も飲み続けていた、ベルギーの医者がそんな風に簡単に与えていた事に先生がびっくり。それでは抗体が破壊されてしまいますよと言われたのです。現にもう破壊されてるから風邪をひくと一挙に悪くなり、薬の依存でやっとこ治していたと言う事でした。

まず、医者を変える事を言われ、破壊された免疫を高める為には玄米、と野菜、そして葉緑素であるクロロフィルの粉末がある事を知り、暫くそれを続けてみる事になりました。半年分で70ユーロ弱と安くはないですが彼女も信じていた方向が間違っていた事に気がついた様です。

私は野菜を食べない娘の分を買ってきました。

| り | 2014/01/23 8:33 PM |

Submit Comment









Trackback URL

http://terub.jugem.jp/trackback/208

Trackback