<< グリ・スタイル (料理編) | main | 人生グロテスク >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

「深い街」でひきこもり

夏休みを2日間取れたので、亭主のいるアイルランドではなく、ベルギーのムーズ川のほとりプロフォンドヴィルまで1人でドライブして、川と森に接した旅籠屋に週末と合わせて2泊することにした。Profonde(深い)Ville(町)という名前が気にいって、えいや!と選んだ町です。

昨日の夕方着いて、今朝朝食を下のダイニングで食べた以外は、ぜんぜん部屋から出なかった。持ってきた本を読んで、ブログを書いた。お風呂に1度入り、お茶を3杯飲んだ。

高い窓がひとつついていて、そこから外を見ると、川と森。人の姿はない。至福のひと時。

でもせっかくきれいな場所なのに、散歩をするために外へ出る気になれないことに気がついた。昨夜の夕食にも外出しなかったし、今日の昼も抜いてしまった。

午後になって、旅籠屋のお姉さんがドアをノックする。
「タオルをかえましょうか?」と言うので、
「いえ、大丈夫です。まだ綺麗だから・・・」と言う。
あやしまれないようににこにこして言ったつもりだが、お姉さんが心配そうな顔をするので、仕方なく、
「ティーバッグとお砂糖をいただけますか?」
というと、少し安心したような顔をしてティーバッグとお砂糖を山のように持ってきてくれる。

これを書いている今は夜の9時だが、ついに一歩も旅籠屋を出なかった。その間、腹が減ったが、外に出るのが面倒くさいのでそのまま部屋にいて、お茶で空腹をしのいでいた。外に出るつらさと、空腹を我慢するつらさを天秤にかけると、自分にとっては前者の方が重いのだった。

旅籠屋のおばちゃんとお姉さんから、変人だと思われているのではないかと少し心配になる。あ、ブリュッセルから100キロ近くも離れた森と川のほとりまで来て、旅籠屋から一歩も出ないわたしって、じつは変人?と自分でも気が付く(笑)。

部屋にいる間、せっかくの機会なので、「なぜ自分は外に出たくないのだろう?」と自分の今の気持ちを観察してみる。観察の末、部屋から外に出ると旅籠屋のおばちゃんやお姉ちゃんや泊り客を始め、人と接触しなければならないからだという事に気付いた。

旅籠屋のおばちゃんもお姉ちゃんもとても感じがいい。朝食の時隣に座った泊り客も静かで感じのいい人ばかりだった。でも、部屋で一人になっている自分と、人々の間にいる自分とを比べると、後者の場合、ほとんど人との直接的な接触がなくても自分が多大なエネルギーをつかっていたことに気づき、そこに戻るのがおっくうになり、次第に怖くなるのだった。

青少年の「ひきこもり」の問題は、たぶん多くの場合、心的エネルギーの使い方の問題なのだ。自分の限られたエネルギーをこれっぽっちも他人のためには使いたくないという、ケチと言うか、非常に心の狭い状態なのだ。

以前、友達の誰かが、
「学生の時、友達と電話で話すのが大好きで、持ち運びのできる電話ができないかしら・・・と思っていたら、携帯電話ができた」
と言っていた。その人は他人とのエネルギーの交流を愛せるほど、エネルギーの豊かな人だったのだろう。

自分の場合、こちらが話したくもない相手から一方的に、自分の貴重な一人の時間を邪魔しにかかってくる電話はもちろん、どこまでも自分についてきて鳴り響く携帯電話ときたら土に埋めてしまいたいくらいなので、その友達の気持ちは今でも理解できない。

こんな自分の性向は今ではひた隠しにしているが、子供のころはそれがむき出しになっていた。「お友達」といって親が連れてきたヘンな子供を見ると、自分の邪魔をするうざったいやつと思い、すぐぶんなぐって泣かせてしまったし、一人で自分の遊びに没頭している時に近所の子がやってくると、邪魔をされたことにものすごく腹が立って棒をふりまわして追いかえしたりしていた。

そう言えば、一番古い記憶は2.5歳ぐらいだが、当時の気持ちを思い出すと何かに愛情を感じたり、いつくしみの気持ち、優しい気持ちを感じたりしたことがない。なんだかさつばつとして荒ぶれた子供だったのだ。(子供って実はみんなそうなんだろうか? そうでない気がする)それが幼稚園に入り、学校に入り、大人になるにつれて、自分一人で遊び続けるわけにはいかず、邪魔する他人をぶんなぐって蹴散らすわけにはいかず、にこにこせざるをえなくなる。その過程でわたしの心的エネルギーは独特の歪み方をしてしまったのだろう。

私は、その歪んでしまった自分の心的エネルギーをまっすぐにするために、必死で戦っています(笑)。まっすぐになった自分がどうゆう姿をしているのかは想像もつかないのだが。

プロフォンドヴィルを去る前に、散歩をしながら撮った映像。奇麗な場所なのだ。

スポンサーサイト

| - | 04:23 | - | - |

Comment

引きこもっているまりあ様へ。

私もプロフォンドビルに行った事あります。長年の友人が家族から受け継いだ家を買ったので、そこに1泊もしました。
ムーズ河畔なので水辺である事と岸壁?に家が見えたりして
天気がいい時は騒音から逃れて滞在するにはいい場所ですね。車をびゅーっと走らせて宿に泊まるというフットワークの速さ、いいなぁと思います。しがらみと人向けの顔を
全部振り捨てて自分に戻れるひとときはとっても大切、
アンマーロウリンドバーグが「海からの贈り物」でその
貴重さについて触れてました。私も電話は大嫌いで本当に
必要な時しか使いません、電話魔で長々と話をするのは
私のケースではなく、家で電話がなると誰かに侵入された
様にぎくっとするのです。チャットも嫌いなので一応持ってるFacebookでも常にオフ状態にしてます、前にチャット好きな人に何度か捕まって無意味な会話をしたので....

まりあさんと同じく営業用、プロトコール用の顔を余儀なくされてる人は沢山いるはずですよ、どっかでど〜んと自分に戻るひと時を持って充電してください。






| り | 2011/08/17 8:10 PM |

りつこさま、
おたより有難うございます。

今日はようやく穴から這い出して(旅籠屋のチェックアウトタイムが11時で追い出されるので)、ムーズ川のほとりを歩き、森をうろつき、川辺のテラスでご飯を食べてブリュッセルに戻ってきました。

プロフォンドヴィルの街は小さくて、静かでなかなかいい所ですね。森は斜面にあるので、ちょっと日本の森に似ていました。

リンドバーグの話は、昔りつ子さんがしてくれましたね。「海からの贈り物」と言う本を読んでみたくなりました。

電話が鳴るとびくっとするの、私も同じです。なんでしょうかねこれ。自分の仕事柄、これは致命的な欠陥なので、会社の人やお客様にはぜったい言えないのですが。

まりあ

| まりあ | 2011/08/18 2:39 AM |

こんにちは、
深く共感させていただきます。
私も出不精、電話きらい。。。(仕事では大丈夫なんですが、プライベートだと、じっと電話を見つめて、止まってくれない?とか思うことしばしば。。)
人は好きなのですが、人と交わるときは深呼吸して
どこかを切り替えてます。
自分のエネルギーが安定しているときは大丈夫ですが、そうでないとすぐ電池切れになったり。。
だから充電期間は必需で、フラッと1人で森や海に出かけます。
ただ、充電期間が人よりおおく、頻繁に必要なので、私って欠陥品じゃないかって自己嫌悪に陥ったりするのですが^^;
ひとそれぞれ、だからいいんですよね。。。と自分を慰めてます。

| teabel | 2011/08/23 8:33 PM |

terbelさま

お便りありがとうございます。
「人と交わるときは深呼吸して/どこかを切り替えてます。」
あ、これすごくよくわかります。私の場合、えいっ!と気合を入れる感じです。

心のエネルギーの量、エネルギーの安定のことはいつも自分の課題になっています。

でも、ある時どこかで、(たしか赤瀬川源平さんの本だったと思うのですが)「弱電気でしか動かないものがある」という言葉を読んではっとしたことがあるのでした。

エネルギーの強力な人には動かせないような微妙なものを、エネルギーの弱い人だけが、そっと動かすことができる。エネルギーの弱い人には、エネルギーの強い人とは違う価値があり、意味があるということかもしれません。だからteabelさんの「ひとそれぞれ、だからいいんです」という言葉は本当なのでしょう。

ただ、今の世の中がエネルギーの強い人を称賛するような仕組みになっているので、私も「エネルギーを高める」ということが強迫観念になってしまっており、自分は欠陥品ではないかと悩む日々なのでした。

| まりあ | 2011/09/04 9:22 PM |

こんばんは。以前こちらにコメントを書いた者です。
まりあさんの書くブログはどこか瞑想っぽくて、
瞑想ルームに来るような感覚で、静かになりたいときに時々こちらに寄せてもらっています。
特にプロフォンドビルの映像は大好きで、落ち込んだ時には、よく観させていただいてます。
瞑想、ヨガ、易経などまりあさんと興味があるところがチラホラかぶっているので親しみを感じています。
今後もブログ楽しみにしています。

| meg | 2014/01/16 10:05 PM |

megさま

お久しぶりです。読んでくださっていたのですね。有難うございます。昨年はブログ書きを本当にサボっていましたので、今年はもう少し頑張ろうと思っています。

呼吸法とヨガの瞑想続けてますか? 私も自分を叱咤激励しつつなんとか続けています。

昨夜眠る前にmegさんからのコメントを見つけて、眠りについたのですが、久々に夢を見ました。

誰かと一緒に田舎を旅行していて、この近くに林を抜けて見晴らしのいい、大変きれいな場所に上がる細道があるということを、誰かから聞いたことを思い出します。

それを連れに話して、そこに行こうと歩き始めるのですが、道が大きな建物でふさがっていてその向こう側に行けないのです。建物の中を通って、別の出口から出ればまた元の道に戻れるなと思い建物に入るのですが、建物のあちこちの床を修理していて、別の出口までいけないのです。

その建物は、なぜかチベット難民のための学校なのでした。

仕方がないので建物の外にでると、建物を迂回して目的地に向く道が左手に見えるのですが、狭くて急な石段をのぼらねばなりません。「うわー、めんどくさいなあ」と思いながら夢が終わりました。

今思うと、悟りを得てすべてを眺望できるためには、厳しい瞑想修行をしなければならないという意味かと思いました(笑)。

プロフォンドビルの映像も今見なおしてみるとなんだか夢の中のような変な映像ですね。

いつかまた、今朝の夢の続きを見て、次回は眺めのいい場所にたどり着くための急な細い石段を登る元気が出せればいいなあ…と思います。

また、是非お便りくださいね。

まりあ

| まりあ | 2014/01/19 1:48 AM |

お返事ありがとうございます。
興味深い夢のお話もありがとうございました。読んでいてドキドキしました。

昔ヒマラヤの5600mのチベット仏教とヒンドゥー教のダブル聖地となっている湖に行く機会があり、その後、チベット仏教に夢中になった時期がありました。
聖地の山小屋で瞑想中に夢に入ってしまい、法具をもったチベット僧を観ました。その僧侶のうしろには大きなブッダが存在していました。

帰国して調べましたら、チベット密教の奥儀、ゾクチェンというものに「夢の修行」というものがありました。
夢が生じる条件は大きく二つのカテゴリーに分類され、一つは「カルマの痕跡から生まれる夢」、もう一種類の夢は「心の光明から生まれる夢」で、霊的な夢や神仏のお告げなども光明の夢です。
そして、チベット仏教には「夢の埋蔵」」と呼ばれる経典群があり、埋蔵経とはブッダの心から生み出され、未来の世代のために意図的に隠され、貯蔵されている教えだそうです。
未来のために意図的に埋蔵されてるなんておもしろいですね。
夢に取り組んでいくための鍵となるのは、夢を夢として認識し、自覚する能力を成長させることだそうです。夢のヨーガといいます。

、、、と昔読んだ「夢の修行」という本をひっぱりだしてきて書いてみました。当時はチベット仏教の本をかたっぱしらから読み実践しようとしましたが、夢を夢と認識することの難しさを知りました。アシュタンガと瞑想を組み合わせてやっていた当時は「心の光明の夢」に分類される夢をたくさん観ていました。

今は、ヨガも呼吸法もまったくできておらず、その代わりと言ってはなんですが一時期遠ざかっていた龍笛を吹くことでクリアになろうと努力しています。
そして昨年より易経の勉強を本格的に始めました。

まりあさんからお返事がくると、なんだか小踊りしたくなる気分になるので不思議です。







| meg | 2014/01/19 11:32 AM |

megさん、

お返事有難うございます。

megさんがいらっしゃったという場所は、ヒマラヤ最大の氷河湖ロ・ツォルパという場所ですか?(これはmegさんのコメントを読んであわててネットで調べたのです。)そんな隔絶した場所で、奥義に伝わる「心の光明の夢」を見られたのですね。

私の夢には修行者や仏様などが現れることは全くありません。どこかきれいな場所に向かって旅をしている夢をたまに見ると、うれしくてブログに書いたりしているのですが。。

最近の自分は、呼吸法も瞑想もかろうじて続けているだけで、職場での仕事を瞑想修行のような気持でやっている毎日です。そのせいか最近は薄暗い泥道を、ぼろ車に乗ったり、時には車もなく裸足で泥道を踏みしめながら歩いているような夢が多いです。

「ゾクチェン」「埋蔵教」「夢の修行」「龍笛」… megさんのお便りのお蔭で、一気に世界が広がったような感じがしわくわくしてます。今年の5月までは今の泥道歩きを続けなくてはならない自分ですが、それが終わったら「夢の修行」の勉強をしてみたくなりました。また色々と教えてください。

まりあ

| まりあ | 2014/01/19 10:13 PM |

まりあさん。ご無沙汰しています。
お元気でいらっしゃいますか?
blogの更新がないので、、寂しいです。

さて、私は、やっと河合隼雄先生の明恵上人の本を読みました。
そして先月、明恵上人の京都の高山寺へ行って参りました。
とても静かで清らかの場所でした。
全体が調和していて、しかも個々が輝いているような。



| meg | 2017/03/25 6:35 AM |

Submit Comment









Trackback URL

http://terub.jugem.jp/trackback/158

Trackback

不登校・ひきこもり脱出レポート
1年間不登校でひきこもりだった私の息子が わずか15日で笑顔になり 元気に学校...

| お役立ち情報 | 2011/08/17 5:30 PM |