<< 100点以外はダメなときがある | main | アイルランド風葬式 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

試験のてんまつ(2)−心に地図を書く

前々回ブログ「試験のてんまつ(1)−砂漠の十字路」で、なんと中国古来の占術たよりに口頭試験の勉強をし、みごと(笑)合格した顛末をお話ししました。(あ、誤解を避けるために言うと筆記は落ちたのよ。だからも一度やり直し。)でもいくら能天気な私でも、のめのめと占いばかりをやって試験に挑むほど楽観的ではありません。この試験勉強中に、もうひとつ、ものすごい秘密兵器をみつけたのだ。

自分は普通の人の10倍ぐらい記憶力が悪い。以前のブログには、
「そんなら人の10倍勉強すればよいのじゃ!」
と開き直って書いたが、今回は本当に時間がなかった。それに人の10倍も時間をかけていたら、税理士になる前に、定年退職年齢に達してしまうだろう。

自分の記憶力の悪さのルーツを手繰って行った時、小学校1〜3年のクラスメートだったサワグチさんという天才少女のことを思い出した。彼女は、教科書を丸暗記してしまうくらい記憶力が良いばかりか、体育や、絵や、音楽もずば抜けて上手だった。成績もオール5だという噂だった。(自分の方は、小学校1年の1学期の成績は今でも憶えているがオール3であった。)ある日、彼女が国語の時間の作文の中で、「私の記憶術」のようなノウハウを披露したことがある。

彼女の記憶術は非常にシンプルだった。それは、「心のノートに書き留める」であった。

それをきいた私は、「心のノートってどこにあるの!?」と思った。自分の頭の中にはノートらしきものはなかったし、どういう鉛筆を使って書き留めるのか見当もつかない。私はその後うん十年間、折にふれてはその言葉を思い出し、あいかわらず、「心のノートってなに!?」と自問していた。大人になるにつれて、「彼女は、比ゆ的な意味で言ったのだろう」と一見合理的な解釈をするようになっていた。でも、ごく最近になってようやく、彼女の心のノートが比喩ではなく、現実に彼女が見たり、字を書いたりできるものであることが分ったのだ。

****

口頭試問は、試験官の質問に一言で答えるのではなく、試験官が「○×について話しなさい」とテーマを与えて、それを5−10分ぐらいの時間でプレゼンしなくてはいけない。セミナーとかのプレゼンだと、パワーポイントスライドを見ながらできるが試験中は何も見ることができない。一回の試験でテーマを10個ぐらい出題され、それについて話せなくてはならない。

複雑なテーマを何十個と理路整然と頭にインプットし、それをまた、試験官の前で思い通りにアウトプットするのはけっこう骨だ。というか、これまでの自分の能力では絶対無理だ。

そんな時、奇跡が起こった。「心のノート」ならぬ「心の地図」という手法に出会ったのだ。

大昔買ったはいいが、忘れていた本、



の中にあったマインドマップという手法を試してみる気になったのだ。試してみると、この手法が、複雑な事象を整理して理解し、記憶し、アウトプットするための強力なツールであることが分かった。

これまでの私は、教科書を読みながら、教科書に線をひいたり、ノートに箇条書きにメモをとったりしたが、内容をさっぱりおぼえられなかった。それをきっぱりやめて、A4半分ぐらいの紙に、マインドマップを描きながら教科書や資料を読む。





すると、これまで全然理解もできないし、理解できても数時間もたつと全部忘れてしまう複雑な内容が、画像としてすっきり頭に入る。

すっかり嬉しくなってしまった私は、3日ぐらいかけて、100枚ぐらいのマップを作った。

もちろん、3日後に見直すと完全に内容を忘れてしまっているマップもある(笑)。




ところが、内容を忘れてしまった時こそ、このマップが本領を発揮する。つまり、本を読み直すのと違って、復習が数秒でできるのだ。そこで100枚のマップを見直すのに100分。つまり、100個の複雑なテーマを100分で復習するということが可能になる。

そこで手書きのマップの束を肌身離さず持ち歩き、ご飯を食べる最中も、スーパーのレジに並ぶ間もひたすら読み直した。そうするうちに、マップを持たなくとも、目を閉じるとおぼろげにマップの画像を思い浮かべることができるようになった。心のマップの中にはっきりしない所があると、紙のマップで確認する。こうやって記憶が強化されていった。

天才少女サワグチさんは、おそらく「心のノート」に直接書き留めた時点で、記憶にしっかりインプットされたのだろうが、私の場合はいったん紙にマップを描き、それを何度も見直しながら記憶にインプットしなおす必要があったのだ。

をうやって何度もインプットしなおしたので、試験当日は、試験管たちを前にプレゼンをする時も、心の中のマップを見ながら落ち着いて話すことができた。

ほんとうだってば。だまされたと思ってやってごらんなさい。

****

教科書にマーカーやノートに箇条書きが記憶しにくく、マップだと記憶しやすいのはどうしてなのか。多分前者では、時間の流れに沿って事象のつながりが頭にインプットされるのに対し、後者では空間的に事象のつながりがインプットされるためだろう。通時的と共時的と言ってもいいかもしれない。

JUGEMテーマ:夢・目標
 

スポンサーサイト

| - | 04:36 | - | - |

Comment

マリアさん、私の中国語検定試験は4度目の挑戦も、うまくいきませんでした。勉強時間だけははかなり多くの時間を割いています。でも、私の学習への目覚めはちと遅すぎたようです。記憶する能力を含め、様々な動作のスピードが遅くなった代わりに、忘れるスピードが一段と早くなりました。もう、いくら頑張ってもだめかもしれないとも思いますが、マリアさんの「記憶術」の話や「心の地図を書く」の話を読んで、私も、平面的ではなく、もう少し多面的に学習する方法を模索して、再挑戦(正確には再再再再再挑戦ですが)する気になりました。次回試験は5月後の11月末です。間に合うかな?

| 老真 | 2010/07/06 6:10 PM |

老真さま、

貴ブログ拝見しました。試験そのものよりも、その後が大変だったようですね! でも日頃の歩きの鍛錬がなければ、もっと大変なことになっていたことでしょう。

そうなのです。私も若い人と同じことをやっていてはずっと合格しないと思い、カンニング以外のあらゆる手段を試みております。

「いくら頑張ってもだめ」などということは、老真さまの場合絶対にありません。出典は忘れてしまいましたが、こんな言葉があります。

「You failed this time. So you shall fail better next time.」 

失敗により、人々は英知を積み重ねてゆくのです。つまり失敗が多い人の方が英知が多いわけです。今回の英知を生かして、次回はもっと上手に失敗できるわけです(笑)。このようにしてお互いにミクロ前進していきましょう。私の方は10月です。

まりあ

| まりあ | 2010/07/07 7:47 PM |

こんにちは、
たまに寄らせてもらって勇気を頂いてます。
私は同じベルギーでもオランダ語圏在住10ウん年今だオランダ語マスターできずの落ちこぼれでなので、マリアさんのように第3言語で試験に臨んでいらっしゃる方のことを知るとよっしゃ私もとちょっとやきが出ます^^
マインドマップの本私も数年前に購入して。。。何処だっけ状態ですが、、、勇気をありがとう

| teabel | 2010/07/31 1:46 AM |

Teabelさま

お便り有難うございます〜!

ベルギーのオランダ語圏在住10うん十年なんですか!?
でもオランダ語って本当に、ベルギーでマスターするのは難しいですよね! 特に、
・ベルギーのオランダ語圏の人たちは、みんな英語が上手。
・こちらがオランダ語で話しかけると、英語で答えてくれてしまう。
ということで、オランダ語を勉強している方々も、なかなかベルギー人たちと実践の会話をして上達するチャンスがないんですよね。

あ、マインドマップは本当にいいですよ! 私も数年前に購入したのを掘り出して、藁にもすがる気持ちでやってみたら、大正解でした。人によって、目的によって、合う場合と合わない場合があるのかもしれないですけど、とにかくだまされたと思って試してみるもんやなー・・・と思ったわけでした。

お互いに頑張りましょう!

| まりあ | 2010/07/31 7:21 AM |

はじめまして。
山風蠱の卦の意味をさぐってたら、まりあさんのブログに出会いまして、その書いてる内容の面白さ・奥深さに、つい全ての文章を一気呵成に読んでしまった者です。

私は今日本で公務員試験を受けている浪人生です。
まりあさんのバランス感覚やそしてその芯にあるものを読ませていただくにつれ、何故かとても勇気付けられた感触があり、ついつい感謝のコメントを書かせていただきたくなりました。

関西在住の若輩者でありますが、またよらせていただきます。

ヘンなコメントを残してすいません。

| c | 2010/09/02 12:04 AM |

まりあさま

私は無事イビザのバカンスから帰ってきました。グダグダいいながら結局行って良かったなぁと勝手な事を言ったりしています。私は1年に一度地中海の青さをみるのが最高のストレス解消になる人間なのでそれも良かったし、在住の親友のマチコさんとも深夜3時までお喋りしたり、ピリピリしている日々からあの能天気でいい加減なイビザ村に抜け出してああこういう世界もあるんだなぁと思ったのは救いです、旅行の意味は別に外国でなくともそういう全く違う場所で違う空気に囲まれて普段の生活を外側から見る事にあるんでしょう。まぁそれにしても連日36〜7度からたった2時間飛行機にのっただけで一挙に20度にもみたないベルギーに戻ってしまったのは非常に変です。まりあさんのブログに感動した日本の若者からのコメント全くうなづけます、公務員試験頑張って!と言いたいです。まりあさんのバカンスはどうでしたか?

りつこ

| り | 2010/09/02 11:30 PM |

cさま、コメント有難うございます。

拙メールを全部読んでくださる方がいるとは・・・。しかも、山風蠱の意味を探っていて、拙メールにたどり着かれたとは。cさんのプロフィールに非常に興味がわきます。

日本国公務員ですか〜。私は、日本国の恩恵を受けていると知りつつも海外脱出してしまった組ですが(と言っても、いまだ日本のパスポートの恩恵を受けております)、日本は優秀な政治家はないかもしれませんが、優秀な官僚と優秀な労働者が支えている国と思っています。

ぜひ試験の経過をお知らせくださいな。私は次回試験は11月です。

まりあ

| まりあ | 2010/09/13 5:05 AM |

 りつこさま

ご返信がこんなに送れて申し訳ないです。イビザはきっと、りつこさんの第二の心の故郷になっているのですね。いいなあ。りつこさんから話を聞くたびに、いつも行ってみたいなあと思います。

今年のベルギーの夏は、短かったですね! もう秋の気配で、あと1ヶ月ぐらいで冬なんでしょうね(涙)。もう夏が少し長いかと油断して、週末自転車でも乗ろうと思っていたのですが、仕事でどたばたしているうちに夏が終わってしまいました。

りつこさんにも、cさんにも、記事を更新しないで本当にごめんなさい。来週末からがんばって書きますので見捨てないでくださいね。。。 

| まりあ | 2010/09/13 5:21 AM |

グリさんの「作品」はホントすばらしい!
毎回大爆笑です、ぷぷぷ。

ところで最近、私はひっさしぶりに学生になったのですが、
ビックリするくらい覚えられなくて困っていました。
日本語だったらまだよかったのですけど…。

そんなときに思い出したのがまりあさんのブログ。
早速マインドマップを書いてみました!
まず書く作業自体が楽しいのにビックリ。
そして5ページくらいのノートが1枚の紙にまとまったので、
見直すときの効率が本当によさそう。

きちんと覚えられるかはまだ不明ですが、
定期的にQCMがあるので、
まずはそれで成果を試してみますね。

すてきな情報をありがとうございました♪

| mami | 2011/10/15 4:46 AM |

mamiさん、

お便りありがとうございます。

勉強を始められたのですか? フランス語で? がんばってくださいね!!!

私も教科書の内容が、普通のノートにまとめただけでは全然頭に入らなくて、やむなく始めたのがマインドマップです。ほんと、これはびっくりするくらい使えました。

マインドマップは、勉強する人のタイプとか、教科の内容とかで合う合わないもあると思いますが、とにかく「絶対覚えるんだ」という決意があれば、自然と一番合った方法が見つかるのではないかと思います。マインドマップがお役にたちますように!(私は最近やってませんが、mamiさんを見習ってまた勉強を始めたいです。)

また成果をぜひお知らせくださいまし。

まりあ


| まりあ | 2011/10/16 8:41 AM |

Submit Comment









Trackback URL

http://terub.jugem.jp/trackback/127

Trackback