スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

暗い水の中をクロールで泳ぐ

クロールがきれいに泳げるようになる!」と言う本を買ったのは、2004年の10月のことです。練習を始めた直後に、四十肩になり、次いで癌になり、その内に、ジム併設のプールが使えなくなり・・・と言ったことが続き、本を買ったがよいが、当然のことながらぜんぜん泳げるようになりませんでした。

昨年11月にプールが使えるようになったが、再びクロールの練習を始める意欲がなくそのままになっていた。それが、数週間前のある日、いつもやっている平泳ぎがふと生ぬるく感じられ、クロールの練習に再チャレンジする気になった。

この本は、バタ足のコツから、息継ぎのコツ、手の掻きのコツなど、順を追ってとても丁寧に説明している。

週末ごとに1時間ぶっ続けで、本に書かれている通りに辛抱強く練習していたら、先週とつぜん、体が水に乗り、手が水をつかみ、ものすごい(と思われる)勢いで泳げるようになった。運動神経の悪い自分がここまで泳げるようになったのは、やはりこの本の指導がとても優れているからだと思う。

こうなると病みつきです。ウィークデーにも残業しないで、プールに通ってしまう。



こんなふうに(笑)。

そうすると陸に上がっている時も、仕事で一息ついた時も、ベッドに入ってからも、心の中でがむしゃらに水をかいている自分がいます。

***

強烈な悪夢はあまり見ない自分が、今朝は大変怖い夢を見て、それこそ暗い水の中をもがくように目が覚めた。目が覚めて夢で良かったと思った。でも何が怖かったのかなあと思いながら、思い出せない。嫌な夢の後味がが残っている。

会社に来ると、以前「100点以外はダメなときがある」で話した上司のロニーが、私を含めたチームの20人を部屋に集めて、自分が癌にかかっていること、来週手術して6月まで療養することを告げた。

そこに集められたみんな(男も女も)あまりのことに、泣いてしまった。ロニーも泣いていた。次席のグンターだけは泣かないで、
「みんなロニーのいない間がんばろう」
と言ったのがさすがだった。

私が癌治療や試験の間ロニーがいつも元気づけてくれたことを、自分ががんがんケンカを売っておとなしいロニーのストレスを増やしていたことを思いだし、彼の癌は部分的に私のせいだと思い、悩む。

暗い水の中をがむしゃらに泳ぐことが、前回エントリーで申した、夢の中で泥道をがむしゃらに進むことと等価になっている気がする。泳ぐことは、自分にとって物理的であると同時に心理的な行為であるらしいのだった。

***

30分から1時間の決めた時間内は、プールの隅から隅までびっちり休まずに泳ぐのが私は好きなのだが、亭主のグリは、四角いプールを丸く泳ぐ。

それも、片道はいいかげんな平泳ぎで、逆方向はボーフラのようなふわふわした背泳ぎだ。泳いでいたかと思うと、とつぜん、水の中でクルンとでんぐり返りを打ったりする。そしてまた、ふわふわ泳ぎ始める。



こんなふうに。(カメラを向けられて少しむっとしている。)

グリは予測不可能な泳ぎ方をしながら、必死で泳いでいる私の行く手をさえぎったり、ふわ〜と意味もなく寄って来たりするので、こちらは大変イライラさせられるが、たまに心がなごむ時もある。


水泳と瞑想

スピリチュアルとは無縁の主人の唯一の瞑想は、毎朝の水泳のようだ。毎朝30分から1時間、ゆっくりと平泳ぎしているときに、自分の専門の航空力学のことをぼんやり考えていると、難しい公式がふっと理解できたり、突然アイデアがひらめいたりするのだそうだ。

夜は寝つきが悪く、低血圧症のせいか朝早く起きれなかった私は、はじめは主人にひきずられるようにプールに連れられて行ったものだったが、その内、朝の水泳の気持ちよさが忘れられなくなって自分からすすんで行くようになった。

とくに、うつ病になることを極度に怖れていた私は、有田秀穂著「セロトニン欠乏脳―キレる脳・鬱の脳をきたえ直す」で、「うつ病の人は脳内のセロトニンが欠乏している。セロトニンは、水泳・ジョギングなどの軽い有酸素運動を30分ほど続けることで、増やすことが出来る。」という記述を信じ(色々批判も出ているようだが)、土日には必ず、週日もできる限り30分は泳ぐことを心がけるようになった。

それでも、時には疲れからか、憂鬱からか、朝会社に行くぎりぎりまで起き上がれないようなこともしばしばあった。それが、この4月に呼吸法実験を始めてから朝の寝起きがよくなり、先週からは連続毎朝出勤前に、ジムで軽くストレッチとアシュタンガ・ヨガをした後、ジムの併設のプールで平均20分ぐらい泳ぐという生活を続けられるようになった。

20メートルほどのひとけのない朝のプールを、ゆっくりと、でも休みなく平泳ぎで往復する。(昨年、クロールに切り替えたいと思って、高橋雄介「クロールがきれいに泳げるようになる!」と言う本まで買って練習を始めたのだが、まず四十肩、ついで長期の病気療養のために練習を中断してしまった。だから、いまだに平泳ぎしか出来ないのです。でもこれはとても良いクロールの解説書で、これを読んで同時に練習を始めた友人は、1ヵ月後に見事綺麗なフォームで泳げるようになってしまった。)プールの端で方向転換するとき、高岡英夫の「ゆる体操」のように、腰と肩と首を中心に体中の関節と筋肉を弛緩させて、水の中に浮かんだまま、思い切り動かす。それをプールの端に来るたびに、繰り返すと、気持ちよく、体がどんどんリラックスしてくる。

泳ぎを始めてすぐに気がついたことは、泳いでいるときは、陸にいるときよりも、自分の体調や気分の変化にはるかに敏感になると言うことだ。ある朝はゆっくりしか泳げないのが、別の朝には、全身の筋肉を動かして力強い泳ぎができることがある。水の流れを強く感じるときとそうでないときがある。そして、しばらくおよいでいると、やがて頭の芯がじーんとしびれるような心地よさが広がってくるのだが、これが泳ぎ始めて30分ぐらい経ってからのときもあれば、5分と経たない内にそうなる時もある。いくら泳いでも、その状態にならない日もある。こんなにも自分の状態が毎日変化しているのには驚くばかりだ。でも、これは泳ぎだけではなく、ジョギングや自転車こぎなどの、反復運動をしているときにもいえることなのかもしれない。日常生活の中では、わたしたちは常に忙しく何かの目標に向かって行動しているので、その間自分の心や体に注意を向けることは少ない。ところが泳いでいる時間は、往復回数を数えたりするのでもなければ、意識はどうしても自分の体の動きや感触に向けられる。(だから、回数を数えなくてもよいように、時間を区切って泳ぎ、泳いでいる間はなるべく時計を見ないようにしている。)ゴールにではなく、過程に意識が向けられるのだ。

私にとってのもうひとつの水泳の効用は、以前は低血圧のためか午前中は頭の回転がいまひとつだったのだが、水泳をしてから出社すると、出社した途端ダッシュで仕事にかかれるようになったことだ。逆に、以前は夕方5時以降にやっと調子が上がってきていたのが、今は5時頃になると猛烈に眠くなる。水泳のお陰で、子供の頃からあこがれていた朝型人間にもなれたようなのだ。

前述の有田秀穂は、医師だが、元スキューバ・ダイバーでもあり、その経験から呼吸法に興味を持ったそうだ。「脳内物質のシステム神経生理学―精神精気のニューロサイエンス」とか、「呼吸の事典」などの著書もある。

さて、今朝も30分かけてゆっくり泳ぎ、水の感触や、体が浮く感じ、筋肉が伸びる感じなどを味わいながら、とりとめもなく考えをめぐらせる。体がリラックスし、心が明敏になるような不思議な感じだ。脳内物質が分泌され、脳波がアルファ派になると人々が言う状態はこれだろうか。そのとき、陸に上がっているときには恐らく気づかなかっただろう、不思議な事に気がついた。そのことについては、もう少し後で考えがまとまってから書いてみたい。

| 1/1PAGES |